必要な成分

2人

免疫力の弱い赤ちゃん

みなさんは「水」に気をつけたことはありますか。通常、水道やミネラルウォーターから水分を補給することに何ら問題はありませんが、赤ちゃんに対して与える際には注意が必要になってくるのです。ではどのような点に気をつけて使用すればよいのでしょうか。まず、赤ちゃんのミルクや離乳食作りに使えるものは「水道水」「ミネラルウォーター」「ピュアウォーター」の三種類で水道水においては残留塩素をなくすために、よく煮沸したうえで使用するようにしましょう。しかしミネラルウォーターを与える際には少し注意が必要です。それは赤ちゃんにとって大切なミネラル成分が関係しているためです。ではこのミネラル成分とはどのようなものなのでしょうか。

ミネラル成分により水は分類されている

赤ちゃんにとってこのミネラル成分はより含有量の少ないものが適しているといえます。ミネラル成分とは「カルシウム」や「マグネシウム」のことで、この含有量が少ないものを「軟水」、多いものを「硬水」といいます。前者の特徴は、吸収性に優れ、身体の老廃物もスムーズに排出してくれるという点です。ですのでまだ未発達な赤ちゃんや、身体が弱っているお年寄りの方などに適したものといえます。比べて後者の特徴はしっかりとした飲みごたえがあり、料理の際に出る灰汁を出やすくしてくれる作用があるため、お肉料理などに向いているといえます。生後間もない赤ちゃんはまだ身体を守る免疫機能が整っておりません。水の特徴を知ることは赤ちゃんの安全を保つことにも繋がるのでしっかり把握して選ぶようにしましょう。