困った症状

笑顔

便秘の原因はさまざまあります。

赤ちゃんの便秘は母親にとって一大事です。 特に何日も続くと不安は募るものです。 一昔前はミルク育児が主流であり、赤ちゃんの摂取量を把握しやすい傾向にありましたが、現在では母乳育児が見直され多くの母親が母乳育児をしています。 一般的に母乳育児の場合は便の回数が多いといわれているため、通常より少なかったり、数日でない場合は不安になるものです。 そんなときの原因は二つ考えられます。一つは母乳量が足りていない場合が挙げられます。 ミルクに比べて母乳は量が把握できないため便秘につながる場合があります。 また、母乳は吸収がよいため、便が少ない場合もあります。 これ以外には生後二か月くらいには赤ちゃんの腸の発達の過程で便秘になる傾向です。

赤ちゃんの機嫌や飲み方を良く観察してみましょう。

赤ちゃんの便秘は避けては通れないものです。 発達に伴う原因や食欲の問題、体質の問題などさまざまです。 赤ちゃんの機嫌が良く食欲もある場合はそんなに心配がないものです。 そして、体重が順調に増えていることをこまめに確認しておくことで、母乳不足かどうかの判断基準になります。 排便の時に顔を赤くして力んでいる姿は赤ちゃんによくある光景です。 なかなかでない場合はお腹をマッサージしたり、肛門を刺激してあげることも有効な手段といえます。 また、まだ寝返りをしないときは運動量がないため、足を曲げたり伸ばしたりする運動をして腸を刺激してあげても良いでしょう。 こうしたさまざまな方法を試しても便秘が続く場合は掛かりつけの小児科に相談してみてもよいでしょう。 いずれにしても赤ちゃんと便秘は今後も多くの母親が悩む問題の一つであるといえます。