肌を管理する

ボーダー

便秘から発疹まで使用できる

乳幼児は大人と違って自分の体調を自分で管理する事ができません。突然の便秘に悩んだ場合、できるだけ両親が対処してあげる必要があります。 子供の身体は繊細ですから、薬や刺激の強い飲食物で便秘を解消するのではなく、ベビーローションを使ったマッサージを行なうようにしましょう。マッサージであれば外部刺激によって便通を良くする事ができますので、安全です。 また、赤ちゃんの肌は大人より代謝が良いですから、常に艶やかと思われがちですがトラブルも多いのが現実です。 乳児の肌には「乳児発疹」と呼ばれる症状が出る事もありますので、気を付けましょう。 ベビーローションによるマッサージは乳児発疹にも有効です。 発疹を治すためにベビーローションを塗る場合、成分にはこだわるようにしましょう。

ベビーローションの種類

ベビーローションはドラッグストアや雑貨店、そしてコンビニなどで購入する事ができます。 ワンコインで販売されていますので、大変お手軽な商品であると言えます。 一方、お子様の子供に配慮して成分にこだわっているベビーローションであれば、3,000円〜5,000円ほどするのが一般的です。オーガニック製品も開発されていますので、敏感肌の子供にはそうした商品を選んでみましょう。 またベビーローションはローズやミルクなど香りがついているのが普通です。そうした香りによってお子様の気分が落ち着いたり、眠気を誘われる事もあるのです。 一方、ものによっては香りのないベビーローションもありますので、お子様が「匂い」を嫌がる場合はこうした商品を購入すると良いでしょう。