重要な考え方

ママと

生活用水で大丈夫でしょうか

私たちの生活に欠かすことのできないお水がですが、赤ちゃんに使うお水について考えた事はありますか。勿論、自分自身や周囲も育ってきたように、水道水で大丈夫だと考える方もたくさんおられると思います。ただ、殺菌目的で使われている塩素はデリケートな赤ちゃんには有害さの度合いが大きいという説がある上、東北大震災以降水道水から放射性物質が検出されていることは事実です。昔とは違った事情になってしまっている以上、不安に思われる方も少なくないことでしょう。新しい家族である赤ちゃんが健やかに育ってくれるように、口に入るものには極力注意を払ってあげたいものです。そこで今回は赤ちゃんに最適なお水についてご紹介していきたいと思います。

赤ちゃんにとってどの種類が最適なのか

スーパーやコンビニ等で販売されているミネラルウォーターですが、実はこれは(硬度に関わらず)赤ちゃんにとって良いとは言えません。というのも、ミネラルウォーターにはその名前が示すとおりに、豊富なミネラルが含まれていいるからです。ミネラルは人間にとって必須の栄養素ですが、内臓の発達が不完全な赤ちゃんには摂取量が多すぎて悪影響があり、お腹を壊しやすいのです。そうなると、体に取り込んだものを栄養として吸収できないので、育ち盛りの赤ちゃんにはむしろ避けるべきものです。あれもダメこれもダメときてしまいましたが、では一体何が最適なのでしょうか。それは純水です。純水には赤ちゃんにとって余計なものが一切含まれていないので、これまでにご説明させて頂いたような悪影響が起こり得ないのです。これさえ使っていれば少なくともこの部分での不安は完全に解消されるでしょう。赤ちゃん用として取り扱っている店舗もございますので、ご興味を持った方は是非調べてみてください。